4 pneumonia cases, what disease do you think? answer.

レジオネラ肺炎 Legionella pneumophila pneumoniae

iPad version  解答と解説編: 第一部 症例の解説とレジオネラ一般知識について

 

You tube vesion  解答と解説編: 第一部 症例の解説とレジオネラ一般知識について

 

iPad version  解答と解説編: 第二部 3つの文献解説と自験例の提示

 

You tube versioniPad version  解答と解説編: 第二部 3つの文献解説と自験例の提示

Key words: Legionella pneumoniae, レジオネラ肺炎、Lobar pneumonia pattern, 大葉性肺炎パターン、Segmental pattern、区域性パターン, Reversed halo sign, 逆ハローサイン, Consolidation, GGO, 高齢(60才代)、男>女、在郷軍人、エアロゾル(微小な水滴)、循環式風呂・温泉施設、Legionella pneumophila

Image pattern : イチロウが当院症例、文献の提示画像をみて考えたものです。特にこういう分類があるわけではありません。

必ずしも一つのパターンのみが生じると言うよりは病期のある時期を見ているのではないかと推察します。

1.区域性

Segmental pattern 83F もり1

 

2. 非区域性

Chest CT 1 key

3. 逆ハローパターン

20140911第一病日胸部CT psedo reversed halo3

4. GGOパターン

3332691 57M 初回CT1

 

5. DAD

3332691 57M ARDS状態CT1のコピー

6. Cavity :  免疫不全患者  自験例は経験例なし。

 

References:

1.Yu Hui, Higa F, Hibiya K, et al.  Computed tomographic features of 23 sporadic cases with Legionella pneumophila pneumonia. Eur J Radiol. 2010 Jun;74(3):e73-8.

23例孤発例のレジオネラ肺炎の臨床的、画像的検討がなされた比較的新しい論文です。

        • 男女比=20:3, 30-81才(平均60才)、7例は様々な背景疾患有する
        • 38℃以上の発熱は全例(平均:39.0℃)、WBC>10,000は15例(平均:13,843 )、CRPは高値(平均:29.30mg/dl)
        • 17例は改善、4例は死亡(4/21=19%)、2例は転機不明

23例のレジオネラ肺炎のCT所見を検討

      • コンソリデーションとGGOが主な所見
      • 大葉性のパターンの非区域性 19例
      • 気管支肺炎パターンの区域性 4例
      • 病初期は区域性で、進行すると典型的な大葉性になる
      • Air bronchogram 21例
      • 11例は単一の葉内(R:8, L:3)残りの12例は複数葉に浸潤し、6例は右あるいは左肺のみ
      • 胸水 14例(61%)
      • 肺膿瘍 1例(ステロイド投与中のUCの患者)
      • 病変は右下葉に多い

2. Sakai F, Tokuda H, GotoH,et al. Computed tomographic features of Legionella pneumophila pneumonia in 38 cases.  J Comput Assist Tomogr. 2007 Jan-Feb;31(1):125-31.

38例のレジオネラ肺炎の画像的検討で、肺炎球菌の画像と対比した論文

  • 38人 レジオネラ

–男:女=30:8 で男に多い(23例の検討と類似)

–27‐91才、平均62.7才

–32例治癒、6例死亡(AMI含む)

–14例は人工呼吸器を要した

  • 35人 肺炎球菌

–男:女=18:17 男女差無し

–34-88才、平均70.6才

–33例治癒、2例死亡(LC患者含む)

レジオネラ肺炎38例の画像所見エッセンス

      • 片側性あるいは両側性のコンソリデーションとGGO 35例では両方が見られた 2例はコンソリデーションのみ、1例はGGOのみ
      • 両側性は23例、片側多葉が10例、多発単葉2例、そして単発限局3例
      • 上肺野、下肺野の分布の優位性は無かった
      • 2例に reversed halo が見られた
      • GGO内の網状影は10例に
      • 小葉間隔壁肥厚は7例に
      • 胸水貯留は23例
      • 肺炎球菌との差はGGO内のコンソリデーションが境界明瞭なのがレジオネラ肺炎、不明瞭なのが肺炎球菌とのこと

3. Haroon A, Higa F, Hibiya K, et al. Organizing pneumonia pattern in the follow-up CT of Legionella-infected patients. J Infect Chemother. 2011 Aug;17(4):493-8.
レジオネラ肺炎のフォローアップ時(平均14日間)の画像所見にフォーカスを置いた論文。彼らは器質化肺炎と称したが、14日のフォロー程度で器質化と呼んでいいものか・・・

5例の検討

  • 治療前と治療後の画像を評価、治療後の器質化肺炎に注目
  • 平均の経過観察期間は14日間
  • エアーブロンコグラムのあるなしにかかわらずコンソリデーション、GGOの頻度が最も高かった 小葉間隔壁肥厚1例、胸水1例
  • フォローアップの画像では2つのパターンがみられた それは

胸膜下パターン(4例)あるいは気管支血管束周囲パターン(1例)

4. Kim KW, Goo JM, Lee HJ, et al.  Chest computed tomographic findings and clinical features of legionella pneumonia.  J Comput Assist  Tomogr. 2007; 31: 950-955

12例のレジオネラ肺炎の検討だが、12例中11例が何らかの背景疾患を有し、75%は免疫抑制状態の患者。たとえば、SLE, 多発性骨髄腫(multiple myeloma, 腎移植後の急性拒絶反応、Churg-Strauss syndrome, 脳転移、後腹膜線維症、リウマチ、骨髄異型性症候群、リウマチ性多発筋痛とCOPD合併、水疱性類天疱瘡 Bullous PemphigoidCOPD でたった1例のみ何も背景疾患無し  6例(50%)がステロイド大量投与がされている 
という特殊な患者群であり、男女比も 男5例、女7例 と通常の男性が多いパターンと異なる
なのでこの特殊な患者背景(免疫不全状態)の場合にどんなレジオネラ肺炎のCT画像となるか?を知るにはよい論文である。
その答えは、空洞形成 である。この12例の患者群のうち じつに4例が空洞を有した という
上記紹介の23例の Yu らの検討でも1例の免疫抑制状態の患者に 空洞が生じた というのと同様である

論文の結論も

 ほとんどのレジオネラのCT所見は多葉、多区域のコンソリデーションであった。空洞性、葉コンソリデーションは 高容量投与のステロイド投与患者に生じる。
有用サイト:
以上ですが、おまけとして時間のある先生へ 以下の動画も
どうぞ。
クローズアップ現代の動画引用: レジオネラの一般的な知識のわかりやすい解説です。14分間の動画をどうぞ。
“なぜ温泉には体を洗ってから入るべきなのか?”
先生はまさか 体を洗わずにいきなり温泉にはいっていませんか? そ、それはまずいです
なぜなら・・・

4 pneumonia cases, what disease do you think?

症例1:50才台 男性 右下葉の非区域性コンソリデーション+GGO → 両肺びまん性浸潤影→気管支血管束に沿った索状陰影

症例2:80才台 女性 右中下葉の区域性コンソリデーション

症例3: 50才台 男性 左下葉の変わったコンソリデーション+GGO

症例4: 50才台 男性 両側上下葉のすりガラス陰影→両側びまん性浸潤影

iPad version

You tube version

解答はこちら

Lung case3 回答

iphone ver

key word
Solitary fibrous tumor, SFT, pleura, clinical features

孤立性線維性腫瘍,間葉系細胞由来,臓側胸膜,胸膜,無症状,免疫染色,CD34,粘液変性

Differential diagnosis: pleural mesothelioma 胸膜中皮腫
Other sarcomatous lesions 他の肉腫系病変
すべての年齢,50-60代ピーク,75%が40歳以上
男女差無い,無症状
境界明瞭腫瘍,小さい場合均一,大きくなると不均一
良性はT2WI で低信号
T2WI で高信号の場合良性,悪性の判別難しい
良性でT2WI 高信号となるのは粘液変性,出血,壊死による

Reference 文献
Chu X, Zhang L, Xue Z, et al.

Solitary fibrous tumor of the pleura: An analysis of forty patients.
J Thorac Dis. 2012 Apr 1;4(2):146-54. doi: 10.3978/j.issn.2072-1439.2012.01.05.

Agarwal VK, Plotkin BE, Dumani D, et al.
Solitary fibrous tumor of pleura: a case report and review of clinical, radiographic and histologic findings.
J Radiol Case Rep. 2009;3(5):16-20. doi: 10.3941/jrcr.v3i5.200. Epub 2009 May 1.

Sekiya M, Yoshimi K, Muraki K, et al.
Solitary fibrous tumor of the pleura: ultrasonographic imaging findings of 3 cases.
Respir Investig. 2013 Sep;51(3):200-4. doi: 10.1016/j.resinv.2013.04.001. Epub 2013 Jun 13.

Moureau-Zabotto L, Chetaille B, et al.
Solitary fibrous tumor of the prostate: case report and review of the literature.
Case Rep Oncol. 2012 Jan;5(1):22-9. doi: 10.1159/000335680. Epub 2012 Jan 10.

Li JP, Xie CM, Zhang R,et al.
[Imaging features and clinicopathological manifestations of solitary fibrous tumors].
Zhonghua Zhong Liu Za Zhi. 2010 May;32(5):363-7. Chinese.

Nomura T, Satoh R, Kashima K, et al.
A case of large solitary fibrous tumor in the retroperitoneum.
Clin Med Case Rep. 2009 Mar 23;2:21-5. eCollection 2009.

Rosado-de-Christenson ML, Abbott GF, McAdams HP, et al.
From the archives of the AFIP: Localized fibrous tumor of the pleura.
Radiographics. 2003 May-Jun;23(3):759-83.

Inaoka T, Takahashi K, Miyokawa N, et al.
Solitary fibrous tumor of the pleura: apparent diffusion coefficient (ADC) value and ADC map to predict malignant transformation.
J Magn Reson Imaging. 2007 Jul;26(1):155-8.

Lung症例2 62才 女性 多発性骨髄腫(急激な経過の肺病変、呼吸困難)

This movie requires Flash Player 9

回答はこちら