胸部 CTの教科書 基礎編

胸部 CT診断 画像所見から考える  基礎編

のセミナー受講を受け付けます

注意! 

今回は6月28日の水曜日 平日 PM 6:30-8:30 予定 18:30−20:30予定 です。

募集期間はたったの3日間しか在りません。

今回土曜日だからと見合わせた先生はエントリーを推奨します。

次回はいつやるかわかりません。

7月−8月は 肝臓系でかなり忙しい毎日ですので。

************

申し込みボタンは歳下段にあります。

人数は某先生からもっと受講できる権利数を増やして欲しい

とのリクエストがあり

調べたところグーグルのアップデートが行われ

人数を増やすことが可能となりました。

ただ、増えすぎるとこちらの管理が大変になるため

20人までをセミナー受講権利の上限とします(今までは14人)。

ひとつのパソコンにモニターをつなげて複数の人数で見ていただいても

結構です。ただし、ひとつの権利に複数のパソコンからのアクセスはできません。それを行ってしまうと正規に申し込んでいる先生がアクセスできない可能性があるのでそれだけは受講申し込みの先生が責任を持って管理してください。お願いいたします。

また、複数人数で聴く場合は、主体とする先生以外は

必ずメルアドを登録していることが条件です。

どんな研究会でも必ず所属と名前を書くように

イチロウセミナーでは必ず 一緒に受講する先生も

名前とメルアド、職種 の登録をしてください。トップページの登録にお願いします。

メルマガ登録

 

また、複数受講によるトラブルについてはこちらでは責任は負いかねます。

ご了承ください。

さて、内容ですが、簡単にビデオにしましたので以下をご覧ください。


できるだけ画像所見から診断を絞れるような構成にしたいと思っています。

今回は基礎編ですので

1. 肺野の亜区域解剖をたった数枚のスライドを覚えるだけで今後亜区域解剖には困らなくなります。

前回3月のバージョンを少しアップした内容となります。

放射線科医の先生はふるって挑戦してみてください。

2. 先生が勘違いしていた縦隔区分を再確認する 縦隔の正確な範囲を言えますか? 特に左右、上下の境界です。

例えば、奇静脈は中縦隔? 後縦隔?

後縦隔の左右の境界線は?

さらに今回 縦隔腫瘍について各論部分をちょっとだけ追加しています。つまり3月時よりバージョンアップ。

3. 感染症と非感染性疾患とは鑑別可能なのか たった2つの所見のみがそれを可能にするようです。ただし、例外もあるので例外は覚える必要がありそうです。

4. コンソリデーション を見たときに考えるもの

びまん性陰影の鑑別診断:びまん性すりガラス陰影

5. 間質性肺炎の基本的 な話

6. 肺血管炎について基礎的 な話

7. 肺癌取り扱い規約の 基本 的な話

5-7については 現時点ではもしかするとですが

HRCTの基礎的な所見とは?

本日の話の復習のためのフリーバッティング

というのに変更するかもしれません。

以上の予定となっています。

スライド枚数は 未定ですが 150枚 はいってしまいます。

ただ、私のスライドはアニメーションが多いので150枚といっても

実質は200枚を超える枚数に匹敵します。

以上の講演に耐えられる先生ついてきてください。

***********

今回新たに加わった部分のほんの一部をご紹介

先着20名で締め切り 募集は開始は6月23日金曜日 早朝から

6月25日締め切りとします。もしかするとその前に20名に達してしまい終了してしまうかもしれません。その場合はご了承ください。


前回受講の2人の先生のお声


昨日は大変貴重な講義をありがとうございました。

オンライン講義を2時間みっちり食い入るように見たのは久しぶりな気がします。

当方では救命救急医3名で視聴させて頂きました。

皆、放射線業務に直接携わる人間ではありませんが、ある意味どの科の医師よりもCTを乱発しておりながら、このように正規の読影の教育をあまり受けたことがなかったため非常に大好評でした。

普段、何となく読影していた(気になっていた)肺CTですが、本日からもっと病態と照らし合わせつつ解剖を意識した解釈をしていけるように思います。

非感染性の肺疾患の鑑別は放射線科医でも呼吸器科医でもない我々救急医には若干敷居が高いようにも感じておりましたが、少なからず救急外来で見たことがあるような所見もあり(今迄スルーしていたのでしょう…)大変意識が改まりました。

亜区域解剖の講義は非常に分かりやすかったのですが、普段あまり意識していなかった者からだと、最初に例外からお話されるよりも、イチロウ先生流をお話されてから最後に例外を話されたほうがとっつきやすかったかもしれません。

あと、重症管理をする立場としてはもう少しDADの話を掘り下げて頂きたかったです。

今後は我々のような非専門医に対しての講義などもご検討して頂けると非常に嬉しいです。

今後共勉強させて下さい、何卒宜しくお願いたします。

救命救急医師


◯良かったところ

・解剖学的事項の説明がわかりやすかった(原則 and 原則離脱という形式)

・感染性と非感染性というクリアカットなテーマ・「汎小葉性」「牽引性」といった用語の使い方の説明があったこと

・容量減少が進行していることの判断の仕方

◯可能であれば改善をお願いしたい点(事前に何も要望を出さなかった自分が書くのも失礼ですが・・・、それは棚に上げて書かせていただきました)

・少々長く感じられ、テーマが飛んだ印象です。特に後半の、間質性肺炎→血管炎→肺癌取扱い規約、という流れで感じました。「感染性と非感染性」というテーマが良かったので、例えば後半は一つ一つの疾患について再度復習するような内容でも個人的には大満足でした。

・用語の定義スライドがもう少し欲しかったです。かなりの部分を口頭で説明していただいたので、概ねメモは取れましたが、例えば「小葉中心性」「汎小葉性」「牽引性気管支拡張」「蜂巣肺」「気管支拡張」「気管支壁肥厚」「気管支血管周囲束の肥厚」といった用語ないし所見です。これに加えて、「*そういった所見を所見として認識するポイント*」というのがあれば大変幸いです。放射線科医でありながら恥ずかしいですが、小葉中心性と言うのに自信が持てないときが結構ありまして・・・、シェーマでは理解できるのですが、実際の画像では「広義間質にもあるのかな?」といった場面も多々あり・・・。本日まで所属していた病院でも、過去レポート中に「小葉」という言葉すら出会うことがほとんどなく、うやむやな1でした。その他、これは「気管支壁肥厚」と認識していいのか?軽度???、「小葉間隔壁の肥厚」に関しても、非常にわかりやすいのは指摘できますが、本当はこの陰影も肥厚なのでは?と思うことが多々あり、*所見をとる過程*もふんだんにあると嬉しかったです。

・上記内容にも関連すると思いますが、HRCTの活用について触れていただけると幸いです。日々の読影であまり活用できていない気がしまして・・・。

・先生が書かれた生レポートを見てみたかったです。例えばびまん性のすりガラス陰影のときなど、鑑別が複数挙がるときもあると思います。そのようなときに単に疾患を羅列すればよいのか、重みづけをして書けばよいのか、最近の悩みどころです。自分の上級医の先生はよくウイルス、ニューモシスチス、薬剤を挙げていますが、あとは臨床的にご判断くださいということで良いのか?といつも思います。

長文失礼しました。また機会がありましたら、参加させていただきたいと思います。

放射線科医師


2人の先生 貴重なご感想大変ありがとうございました



日付は

 6月28日 水曜日  18: 30-20:30

厳密な時間は追って連絡します。

参加される先生だけに接続のURLを渡す方法なので

今まで以上にスムーズに繋がると思います。

そちらのインターネット環境についてはこちらでは責任を負いかねますので

特に複数人数での視聴の際はgoogle+ ハングアウトの接続が可能か事前のご確認をお願いします。そのためにgoogleのアカウントを必ず取得してくださいね。

セミナー募集開始は 6月23日金曜日 早朝です。

ご参加をお待ちしております。

 

以下 セミナーの受け方編  参加をされる先生は必ずみてください。

みなかったことによる接続不良については責任を負いかねます。

申し込みページはこちら まだ、空きがあります。

申し込み締め切りは日曜日深夜 11:00です。

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

注意:6月24日土曜開催セミナー募集は終了しました。
セミナー参加ありがとうございました。

以下のボタンは 6月28日水曜日18:30から開始のセミナー募集のボタンです。

 

 

75歳女性 粘液栓 Answer

問題を見ていない先生はまずこちら

Keywords: ABPA, Allergic bronchopulmonary aspergillosis, アレルギー性気管支肺アスペルギルス症, 喘息、asthma, mucoid impaction, Bronchiectasis, Mucoceles, High attenuation mucus

イチロウのみのオリジナル最新文献レビューを含めた動画はもう少しお待ちください。

75歳女性 右下肺野異常陰影

回答はこちら

注)エキスパートシリーズの肺は残念ながら途中で終わっています。

エキスパートがそれ以上のホームページアップを望まなかったからです。

なので私がそのとき習ったこととさらに文献をなどを引用し肉付けして

代わりに動画でアップしていきます。お楽しみに。

30-year-old woman with hyperthyroidism. 甲状腺機能亢進症鑑別診断シェーマあり

まず問題を見たい先生はこちら

いいえ、回答からでいい先生は以下の動画をご覧ください。

甲状腺機能亢進症の鑑別のためのシンチグラフィ鑑別シェーマをご覧ください。

Key words: Plummer’s disease, Plummer disease, プラマー病、toxic adenoma, toxic autonomous nodule, adenomatous nodule,  腺腫様結節、シンチグラフィ、Toxic Multinodular goitor

Point

Plummer’s disease

  • 本来甲状腺機能に関与しない腫瘍性病変が、長年の経過で自律性を有し、TSHの支配を受けずに甲状腺ホルモンを分泌し、甲状腺機能亢進症状を生じる結節性甲状腺腫
  • 病理学的にはadenomatous nodule
  • 40-50歳台をピークに中高年に多い、小児では稀(報告例あり)
  • 欧米の内陸のヨード欠乏地域に多いが、日本では少ない
  • 甲状腺機能亢進症患者の0.3%、甲状腺結節手術例の0.7%
  • 女性に多い
  • 症状:頻脈・動悸・体重の減少・息切れ・手の震え
  • 眼球突出は生じない(バセドウ病との違い)
  • 血液検査:甲状腺機能亢進程度は軽い、TSHレセプター抗体が陰性(バセドウ病との違い)
  • 治療:手術、エタノール注入

注釈

  • Marine-Lenhart Syndrome
    • Graves 病の亜型
    • Graves 病 にTSH依存型のRIの集積しない結節が見られるもの
    • 基本的にGraves 病なのでTSHは抑えられる。そのためにTSH低下に依存したcold spot がシンチグラフィ上出現
  • Toxic multinodular goitor
    • Plummer病に見られる結節が多数ある
    • 通常単発のPlummer病は toxic autonomous nodule と呼称
    • Graves 病に比べて年齢が高い
    • シンチグラフィ上coldとhot spot が混在して不均一になる

文献、reference

Key images

Plain chest film

30-year-old-woman-key-image-1

Ultrasonography

30-year-old-woman-key-image-2

CT

30-year-old-woman-key-image-3

Scintigraphy

30-year-old-woman-key-image-4

Differential diagnosis of hyperthyroidism on scintigraphy

30-year-old-woman-key-image-6

Other cases

Case1, 2

30-year-old-woman-key-image-5

30-year-old-woman-key-image-5-5

Case 3

30-year-old-woman-key-image-7

30-year-old-woman-key-image-8

Case 4

30-year-old-woman-key-image-9

30-year-old-woman-key-image-1030-year-old-woman-key-image-11

30-year-old-woman-key-image-12

Case 5: Graves disease, relapse case

30-year-old-woman-key-image-13