画像診断を考える―よりよい診断のために

先生は、世界一の放射線科医の本を知っていますか?  世界一の放射線科医とは 下野太郎氏 の事です。彼は、現在大阪市立大学で勤務をされています。

なぜ、彼が、世界一なのでしょうか? それは、彼が2005年に 北米放射線学会の雑誌である Radiology から 世界で最も読影が出来る放射線科医として認定されたからです。 

かつて我が放射線医局で講演していただいたとき 下野先生に この本に書いていただいた言葉が、 「画像診断は心をうつす鏡のようなものと考えています」です。

まさに、彼の人柄と放射線診断に取り組む姿勢がこめられたお言葉です。

注意:2014年に第二版が刊行されました。

 

この本に関する評価 1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5 投票, 平均値/最大値: 3.40 / 5)

Loading...

コメントは受け付けていません。