Easy PI-RADS v.2 イーパイ

Easy PI-RADS ステップメールタイトル仮“泌尿器科医が切に望んでいるシステム化された

読影レポートの書き方を

たった2時間でいち早く身につけ、

その他大勢の放射線科医に恥をかかせる講義”

の第二回 の 募集を開始します。あと2日で締め切ります。

こんなに見せたら第一回受講の先生に怒られてしまいます。
ので、時間がきたら削除せざるをえなくなるかもしれません。

ビデオは3種類:

総論、各論、実践問題編です。

前半 総論 でも大事

第二弾  各論編

第三弾 腕試し編

 

講演日時は 新たに6月30日 土曜日 14:30(

いつものように14:00にはつなげるようにします。)

6月22日早朝から 6月24日夜 23:00まで

(早期申し込み)ディスカウント → 終了しました。

6月25日、26日までは通常で申し込み受付





***************************************************************
第一回目の

感想文を寄せていただいた先生

イチロウ先生御侍史

平素からまことにお世話様になっております。
先日は示唆に富んだセミナーをまことにありがとうございました。

以前からPI-RADSは、辺縁域は素晴らしい反面、移行域はいまひとつと思っていましたが、
移行域については
まずはDWIから見て→〇〇WIax→〇〇、〇〇
という見方の順番を教えて下さったことがとてもありがたかったです。

また、PI-RADSスコア4と5は
erased charcoal signという用語がイメージし易い反面、
スコア2/3/4の違いについての説明もいまひとつと思っていましたが、
先生の〇〇が境界に注目し、3/4が〇〇に注目するというご説明が
とてもクリアーに理解できました。

今後もまたホットな話題がありましたら参加させていただきたいと考えております。
このたびはまことにありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

第一回め参加の 放射線科医 先生

********

セミナー拝聴致しました。

とても内容の濃いセミナーありがとうございました。

4月終わりに泌尿器科医からPI-RADSで所見かいてくださいと依頼があったものの、

どうして前立腺の体積が必要なのか?

病変の部位はどの程度記載するものなのか?

移行域の評価で、実際、score3はどういった範疇のものが含まれるのか?

等が実際のreportを書くときに疑問に思っておりました。

実際の症例があって、読影手順とともに解説していただいたのが非常にありがたく思います。

当院では週2ー3例と症例が少ないこともあり、まだなんとなくDWIを見て、移行域であればT2WIを見て、表を参照して、と、漫然とみておりました。

セミナーを拝聴して、scoreをつけるときに、順番と所見の拾い方、重み付けが具体的にイメージできるようになりました。

昨日、依頼がありましたが、所見を書くのに要する時間もかなり短縮できました。

重ねてお礼申し上げます。

第一回め参加の 放射線科医 先生

お忙しい中 感想文の御記載ありがとうございました。

***************************************************************

内容は現時点で

第一部

  • 1. 本邦の前立腺癌の現況
  • 2. なぜPI-RADSで読影レポートを作るべきなのか?
  • なぜ臨床医はPI-RADSの読影レポートを読みたい、価値を感じるのか?
  • 3. 前立腺の正常の解剖 PI-RADS v2 区域マップは採用すべきか
    • 区域マップを推奨する先生なんているのでしょうか?
  • 4. 前立腺読影時によく見られる良性疾患について
    • 泌尿器科医の意見を聞いていました。
  • 5. 前立腺の大きさの測定
    • なぜ大きさを我々は図るのか? 疑問に答え、その意味、使い方を伝授
    • もちろん某雑誌に乗っていた内容ではこの意義は書いていません。
  • 6. PI-RADS 読影の大まかな流れ
    • カテゴリー分類する時に重要なこと忘れていませんか?
    • PI-RADS v2 のPDF p17を読まれたのでしょうか?
  • 7. PI-RADSに書かれている表はわかりにくい
    • なぜPI-RADS の表はわかりにくいのか。
    • そして、それをコピペしただけの某雑誌はオリジナリティがない?
  • 8. 最短読影法:完全にPI-RADSに準拠する必要があるのか
    • ある文献(もちろん英文文献)に読影するため雛形型があります。それを紹介

第2部

  • 1. Score 1, 2はどういうものか?
  • 2. 重要なのは3以上
  • 3. Score 4, 5は簡単:特に辺縁域
  • 4. 移行域についてはとにかく難解
  • 5. Score 3 をしっかり覚える
    • 移行域と辺縁域ではやはり難易度が違う
    • 攻略すべきはやはり移行域のScore 3
  • 6. フリーバッティング: 7例
  • 7. ステージングの要点:2例

時間の関係上 予定は多少異なる可能性はありますが

2時間でPI-RADS v.2を読めるようにします。

あとはバッティングセンター(日々読影)に通ってください。

申し込みボタンは 2018年6月22日オープン、27日締め切り

ただし、24日(日曜日:オープンから3日以内)までに申し込んでいただければ、合計1,000円ディスカウントとします。→ 終了

それを過ぎたら通常の第二回の申し込みになります。

申し込み締め切りは 2018年6月26 日 23:00頃予定

通常2時間セミナーの場合は 9,800円のセミナーですが

配給出版社が6月が決算月になるため500円ディスカウント

さらに3日以内つまり日曜日までに申し込んでいただければ

さらに5,00 円のディスカウント(合計日曜までに申し込みなら1,000円ディスカウント)とします。このディスカウントは終了。

 

また、複数人視聴もできますが、使用するパソコンはひとつです。

その場合、映写の際のトラブルについてはこちらでは責任を負いかねます。

事前の準備をして臨んでください。

通信環境の安定のためには有線環境を推奨します。

また、視聴者全員のメルアド登録をお願いします。

それはこちらから http://medicaldirect.jp/1088-2

 

今回は 決意文を書いていただいた先生のを匿名で添付します。さらに追加あり

  • 放射線技師として、出来ることはしたいので勉強させてもらいます‼️
  • 難解なPI-RADSを易しく教えてくださるということで楽しみにしております。
  • 放射線科医になったばかりの新米です。
    しっかり理解を深め日常業務にいかしていきたいです。
  • 何卒よろしくお願い申し上げます。
    前立腺の病理と画像の対比を楽しみにしております。
  • 前立腺を読影する機会がないので、楽しみにしています。よろしくお願いします。
  • 4月に泌尿器科医からPIRADSの依頼があり、何とかながしていましたが、質が低いことは自分で感じていました。今回の企画はとてもありがたいです。
  • PI RADSについて一気に学びたいと思います。よろしくお願いします。
  • 以下 New
  • PI-RADSは最近よく医学雑誌などで見かけますが、この機会にしっかり勉強したいと思います。よろしくお願い致します。
  • イチロウ先生の講義後は、その領域の読影が非常にスムーズになります。PIRADS講義も期待しております。よろしくお願いいたします。

複数人参加はお名前とメルアド登録さえすれば1人分の受講料で一つのパソコンを見るのはOKです。





Easy PI-RADS v.2 イーパイ” への2件のコメント

  1. 前回に引き続き出張のため参加出来ません。いつまでたっても”その他大勢の放射線科医”から脱却できず、非常に残念です。

    • 高知のジョイス先生
      いつもコメントありがとうございます。
      なんとかまたやりたいですが、もうクタクタで。少し休ませてください。少なくともPI-RADSは。

      イチロウ拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です