えっ骨シンチグラフィなのにあそこにRIが集積って?

駅前のドトールより

イチロウです。

さて、数日前に乳がんの転移検索目的の

骨シンチグラフィをサクッと読影しようとしていた時のこと

う? ここれは

あーこの人左乳がんなのねと思い

CTを確かめに行くと・・・

そんなに大きな乳がんはなく、しかもすでに切除後。

CTを見る限りは再発腫瘍は皮膚にできた小さな領域であり

とてもそんなに大きな集積ではない。

そこでスペクトを見て びっくり!

な、なんと

これはお教えしなければと思い

お出ししますね。

それがこれ!

1620464 20170118 RI 1

うん 何も異常がない! あ、申し訳ないです。これは1年前の画像でした。

言いたいのはこちら

1620464 20180619 RI 1

一瞬、別にーーーですが、、、

focus しますね。

1620464 20180619 RI 2

もっとわかりやすくすると

これです。

1620464 20180619 RI 3

心臓(心筋)に入ってしまいました。

そこで、可能性として 急性心筋梗塞 や 心筋炎 なんて上がってしまいますが

この方には症状がありません。

再発しているんですが、皮膚面に7mm程度のものだけです。

ならば、いったい???

あとは・・・

続きは今日は時間がなく、言えませんが

硬化性大腸炎の 結果も明日カンファランスするのでお話しするとして

 

今日は Easy PI-RADS の6月30日締め切りが本日にせまっているのでおしらせします。

お急ぎください。

技師さん と 放射線科医の人口 いくらになるかわかりませんが

7−8万人くらいでしょうか?

その中で 数少ない PI-RADS を理解している人になりませんか?

http://medicaldirect.jp/archives/5446

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>