明けましておめでとうございます。快眠度アップ。座位時間は

駅前のドトールより

イチロウです。

明けましておめでとうございます。
旧年中はメルマガ購読やセミナーご参加
ありがとうございました。

イチロウは昨年は
セミナー開催に明け暮れた日々で
かなりの忙しい毎日でした

そうなるとおろそかになるのは
無料の動画アップです。
また、あたらしいメルマガ購読の
先生もほとんど増えませんでした。

結局 迷惑ページに
一定数の先生が飛んで行くようになっているので
(これはこちらではコントロール不能で
先生側のメールシステムに依存します)

メルマガ登録人数が自然に減少してしまうからです。

ま、そんな話は先生には
関係のないことかもしれませんが

そうこうしているうちに
世間ではいろいろな事が生じています。

放射線科でいえば
このへんで知る限りでは
3つの教室で教授の交代が起こります。

世代交代が激しくなっています。

できれば世間の波に
流されずに住む スキルを
身に付けておくことが必要となるでしょう。

自分磨きは欠かせませんね。

また、健康維持も非常に重要です。
特に昨今、モニター診断となって
座っている時間が長時間となっています。

以前
座位時間が長い人ほど短命 という話をしたことがあります。

van der Ploeg は,一日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて,
4-8時間,
8-11時間,
11時間以上と長くなるにつれて,

WHOによる推奨身体活動量を充足していたとしても
総死亡リスクが11%ずつ高まる と言っています。

van der Ploeg HP1, Chey T, Korda RJ, Banks E, Bauman A.
Sitting time and all-cause mortality risk in 222,497 Australian adults.
adults.
Arch Intern Med. 2012 Mar 26;172(6):494-500

ただし、NASAの研究では、
1日32回立ち上がる人の寿命が長くなっという話も聞きます(オリジン不明)

また、以前言ったかどうかわかりませんが
最適睡眠時間は7時間
ま、せいぜい6−7時間 ということを
言ったと思います。

8時間睡眠の人は逆に寿命が短くなると言われています。

ただ、私の場合は、長期的に生活リズムから
平日5時間というのがここ10数年続いています。
なので、寝起きをよくするために
Sleep Cycle を大昔に1ドルで購入しました。
(今はもうちょっと高いと思いますが、健康への
投資としては極めてリーゾナブルです)

そのため、快眠度の%が50%を切ってしまうことも
しばしばでした。しかし、この年末についに
というか休みが多かったため
睡眠時間の平均は7時間に到達しないにもかかわらず
快眠度が 70%を超えることがしばしばあり
平均でいつも日本人を下回っていたのが
ついに平均をうわ回りました。

下図

快眠度アップ2018-2

うん。大切なのは快眠度やなあ と

一人納得しています。
証拠画像は ブログにあります。

もし、Sleep Cycle を取得していない先生
もしよかったら購入してみてください。

イチロウの睡眠の話はまあこれくらいにして

2018年
先生にとってきっと素晴らしい年になることを
祈念して
年始の挨拶とさせていただきます。
イチロウ拝

PS. 早く寝ないと 快眠度がまた減ってしまう・・・

PPS. 今日のまとめ:座位時間を減らしましょう! できないなら定期的に立ちましょう
睡眠時間に着目して、6-7 時間を保ち、快眠度を上げる努力を。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

明けましておめでとうございます。快眠度アップ。座位時間は への2件のコメント

  1. 秦 康博 より:

    あけましておめでとうございます。
    早速有用な情報ありがとうございます。
    Sleep Cycleをダウンロードしてみます。
    放射線科医はデスクワークなので睡眠不足は大敵です。
    疲れや睡眠不足で読影の見落としや判断ミスを招かないように
    体調管理が重要だと日々感じています。
    今年もよろしくお願いします。

  2. ichirou より:

    秦先生 コメントありがとうございます。睡眠時間も大事なんですが、座位時間短縮も同様に大事ですので、
    2019年読影室移転時(PACSも更新)には立っても座っても読影できる机を買ってもらう予定です。
    自費でクロストレーナーも買うつもりです。

    イチロウ 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>