えっ大動脈の近傍は後縦隔じゃない?

縦隔解剖について確認しましょう!

iPad version はこちら

 

You tube version についてはこちら

Key words: 縦隔解剖、縦隔、縦隔上部、前縦隔、中縦隔、後縦隔、Superior portion of mediastinum, anterior mediastinum, middle mediastinum, posterior mediastinum

縦隔腫瘍の問題はこちら

その解答はこちら

解答 ②は3/30 アップ予定

39-year-old woman with dyspnea. answer verion.

39才女性の呼吸困難  解答編
左肺の無気肺

まだ、問題を見ていない先生はこちら

iPad version

You tube version

 

key word: カルチノイド、気管支カルチノイド、Bronchial carcinoid tumor, Neuroendocrine neoplasm

Reference:

Jeung MY, Gasser B, Gangi A, et al.

Bronchial carcinoid tumors of the thorax: spectrum of radiologic findings.

Radiographics. 2002 Mar-Apr;22(2):351-65.

Meisinger QC, Klein JS, Butnor KJ, et al.
CT features of peripheral pulmonary carcinoid tumors.
AJR Am J Roentgenol.2011 Nov;197(5):
1073-80

Gomez A, Zalacain R, CabriadaV,e t al.
Bronchial carcinoid tumors. Analysis of 41 cases.
Rev
Clin Esp. 2004;204:202-5

Paillas W, Moro-Sibilot D, Lantuejoul S, et
carcinoid tumors: role of imaging for diagnosis and local staging.
J
Radiol. 2004 Oct;85(10 Pt 1):1711-9.

Zidi A, Douira W, Hantous-Zannad S, et al.
Imaging of bronchial carcinoid tumors: 20 cases.
Rev
PneumolClin. 2006 Dec;62(6 Pt 1):380-5. [Article in French]

Davini F, Gonfiotti A, Comin C, et al.
Typical and atypical carcinoid
tumours: 20-year experience with 89 patients.
J
CardiovascSurg (Torino).2009 Dec;50(6):807-11

Bueno Palomino A, ZureraTendero L, Espejo Herrero JJ, et al.
Multidetector computed tomography assessment of the degree of differentiation of bronchial carcinoid
Radiologia. 2013 Jul-Aug;55(4):323-30. [Article in Spanish]

Magid D, Siegelman SS, Eggleston JC, et al.
Pulmonary carcinoid tumors: CT assessment.
J
Comput Assist Tomogr. 1989 Mar-Apr;13(2):244-7.

ZwiebelBR, Austin JH, Grimes MM
Bronchial carcinoid tumors: assessment with CT of location and
intratumoral calcification in 31 patients.
Radiology. 1991 May;179(2):
483-6

Squerzanti A, Basteri V, Antinolfi G, et al.
Bronchial carcinoid tumors: clinical and radiological correlation.
Radiol Med. 2002 Oct;104(4):273-84. [Article in English, Italian]

Octogenarian female. primary biliary cirrhosis. Answer EOB症例シリーズ10回目

80才台女性。PBC のサーベイランス中肝内SOLを指摘

解答編

まだ、問題を見ていない先生はこちら

iPad version.

You tube version

 

Key words: Hepatic Adrenal Rest Tumor, adrenal rest tumor, HART, HCC with fatty metamorphosis, Angiomyolipoma, 脂肪、多血性、肝後区域、S7, S6, 副腎、副腎腺腫と類似、特徴的存在部位

EOBの他の症例も見てみる

55-year-old woman with vertigo. Answer 解答編

55-year-old woman with vertigo. 解答編

問題を見ていない先生はまず問題から

iPad version はこちら

You tube version はこちら

Key words: 巨大くも膜顆粒, くも膜顆粒、giant arachnoid granulation, arachnoid granulation, AG, AGs

Key comment: AGs  くも膜顆粒とは?

  • 通常1cm 未満:2-8mm、
  • 古いAJNRの論文だとCT上24%, MRI上13%で(造影MRIの静脈洞の濃染欠損域として)認められる 。平均的大きさは4-5mm
  • ほとんどが画像的に横静脈洞にみられる
  • 次に多いのが静脈洞交会(TorcularHerophili)
  • 剖検例29例も検討し類似結果を得ている 出現頻度 66%
  • 剖検では1-8mmで平均2mm
  • 性差はない
  • くも膜顆粒が存在する群は有意に年齢が高め
  • 無症状がほとんどで偶然見つかる、稀に頭痛

巨大なくも膜顆粒 って? giant AGs

  • 巨大くも膜顆粒:1cm を超えるもの
  • 19個の1cmを超えるくも膜顆粒を検討した45-75才 17人(2人が2つのAGs有す)
  • 2/17症例 頭痛あり
  • 横静脈洞:12、上矢状洞:6、静脈洞交会:1
  • CSF と同等の信号域と言われていたが・・・80%はCSFと同等ではない 何故?
  • AGsは単純にCSFの袋ではない→ ビデオを見てみてくださいね。

References:

1) Leach JL, Jones BV,  Tomsick TA, et al. Normal appearance of arachnoid granulations on contrast-enhanced CT and MR of the brain: differentiation from dural sinus disease.

AJNR Am J Neuroradiol.1996 Sep;17(8):1523-32.

2)  Trimble CR, Harnsberger HR, Castillo M, Brant-Zawadzki M, Osborn AG.

“Giant” arachnoid granulations just like CSF?: NOT!!

AJNR Am J Neuroradiol. 2010 Oct;31(9):1724-8. doi: 10.3174/ajnr.A2157.

 

EOBプリモビスト症例集9例目解答編

70才台女性、便秘症、肝内SOL指摘

問題を見ていない先生はこちら

この症例を10分間聞くことで先生が得られる結果

①いつも苦労していた血管腫との鑑別がある方法によって簡単になります。

 実はこの方法は昔から使われていましたが、最近のある論文で再び見直されました。

CieszanowskiA, Anysz-Grodzicka A, Szeszkowski W,

Characterization of focal liver lesions using quantitative techniques: comparison of apparent diffusion coefficient values and T2 relaxation times.

EurRadiol. 2012 Nov;22(11):2514-24. doi: 10.1007/s00330-012-2519-x. Epub 2012 Jun 15.

この論文では ADC map(accuracy 81%) より T2 relaxation time (同 89%)の方が使えると言っています。

論文は2012年とこのVideo をアップしたときには非常に新しいものです。

②上記を知ったうえで、今回の症例のように注意が非常に必要な症例 つまり例外を知ることも重要です。日常診療で輝きを増すには例外を明確に知っているかで決まります。T2 relaxation time を使いこなし、例外も知ることでEOB-MRIでの血管腫との鑑別が容易になります。

③粘液癌、粘液産生性腺癌 vs. 血管腫は 永遠のテーマであるが、実は症例をじっくり眺めているとヒントが得られる可能性もあります。粘液癌、粘液産生性腺癌はT2 relaxation time を使わなくても形態的にも違いが分かります(文献はまだありませんが)

さあ、たった10分です。余った時間で聞いてみてください。

ちなみにこの問題は、ある放射線医学教室の後期研修医に

問題としてだして いくつかある問題のうち9%しか正解の得られなかった難問です。

iPhone, iPad の先生はこちら

You tube version はこちら

 

Key words: 粘液産生性腺癌、Mucinous adenocarcinoma, mucinous cyst adenocarcinoma, 肝転移、liver metastases, 血管腫、hemangioma, T2 relaxation time, ADC map

Key images.

HP 添付したkey images 1HP 添付したkey images 2HP 添付したkey images 3HP 添付したkey images 4Similar cases  類似症例: 1週間以内にスライドアップする予定です。

 

 

EOBプリモビスト第8回 回答

60才台男性
糖尿病、慢性肝炎 治療中
S6に超音波上SOLを指摘される

まず、問題を見てからという先生はこちら

この10分の1症例の回答ビデオを見ることであなたが得られるベネフィット

①先生の意識次第では単純CTが意外に役に立つことを知れます。これにより今後決して単純CTを撮影から外してしまったり、読影に使わなかったりはしないでしょう。

②inphase, opposed phase をよく見ることにより、病変内部の性状を詳細に見れるようになるでしょう。より病理に近い診断を頭の中に描くことが可能となります。

③Dynamic MRIをよくよくみると、病理分化度の違いに気が付かれることでしょう。その瞬間もし先生が、「おや?」 と思われたなら、かなり肝臓画像診断に精通している先生です。「俺はわかったからもうビデオは見ない?」 いえ、ちょっとその先の3分間も見てみてください。

④肝細胞相で結節全体の大きさがわかるので、opposed phase と対比してみると結節が2種類の病理像から構成されていることがわかります。この対比はHCC診断とくに早期高分化型あるいは早期から多血化に脱分化する状況において重要です。

⑤HCCの多段階発癌という現象が実際の画像でどのような状況というか所見を作り出すことになるのかを解説しています。これを見ることで先生は実は今回の症例が変わった症例なんだと言う事を認識できます。ビデオ6:25 あたり。ではいったい通常のパターンとはどういう画像所見になるのでしょうか? ビデオ8:10 あたり

iPad version

You tube version

key words: 早期高分化型肝癌、早期高分化型HCC、脂肪化、肝癌の 多段階発育、early hepatocellular carcinoma, early hepatoma, fatty change, fatty metamorphosis, multistep carcinogenesis

問題はこちら